藤田医科大学模試

藤田医科大学模試

【2022/9/25(日)開催】
藤田医科大学模試

全国屈指の最新設備を整えた大学病院がある

形式
記述式マーク式
科目
英語 数学 化学 生物 物理
対象
受験生および高校2年生
※医学部志望
お申込み受付は終了しました。

九州会場についてのお問い合わせはこちら

0120-192-215

受付時間/9:00~22:00

実施概要

試験日 9/25(日)
申込締切 9/22(木)20時締切
料金 ¥6,600(税込)
振り込みのみの受付となります。
お申込みから1週間以内にお支払いのご案内を郵送させていただきます。
締切前後のお申込みにつきましては、お電話にて入金のご案内をさせていただく場合もございます。
詳しくはお電話にてお問い合わせくださいませ。
※英進館メビオ生・メビオ生・YMS生は無料
時間割
英語 09:00~10:30(90分)
数学 10:50~12:30(100分)
休憩 12:30~13:20(50分)
理科(2科目選択) 13:20~15:20(120分)
成績表

2022/10/8(土)発送予定

会場
福岡

英進館メビオ校舎
・福岡市営地下鉄「天神南」駅徒歩4分
» MAPはこちら

お申込み受付は終了しました。

九州会場についてのお問い合わせはこちら

0120-192-215

受付時間/9:00~22:00

大阪

新梅田研修センター
・JR「大阪駅」から直通バスで5分(徒歩10分)
» MAPはこちら

名古屋

ウインクあいち
・JR名古屋駅桜通口から:ミッドランドスクエア方面 徒歩5分
・ユニモール地下街 5番出口から:徒歩2分
・名駅地下街サンロードから:ミッドランドスクエア、マルケイ観光ビル、名古屋クロスコートタワーを経由 徒歩8分
・JR新幹線口から 徒歩9分
» MAPはこちら

提携予備校:メビオ経由でのお申し込みとなります。

※メールが届かない場合、迷惑メールに振り分けられている可能性がございます。迷惑メールフォルダをご確認いただくか「mebio.co.jp」の受信設定をお願いいたします。

お申込み受付は終了しました。

大阪会場についてのお問い合わせはメビオにご連絡ください

0120-146-156

(9:00〜21:00土日祝可・携帯可)

東京

YMS校舎
・JR、大江戸線「代々木」駅徒歩2分
・小田急線「南新宿」駅徒歩2分
» MAPはこちら

提携予備校:YMS経由でのお申し込みとなります。

お申し込み後のキャンセル・返金等できませんので、日程をよくご確認の上、お申し込みください。
※メールが届かない場合、迷惑メールに振り分けられている可能性がございます。迷惑メールフォルダをご確認いただくか「yms.ne.jp」の受信設定をお願いいたします。

お申込み受付は終了しました。

東京会場についてのお問い合わせはYMSにご連絡ください

03-3370-0410

(月~土/8:00〜20:00 日/8:00〜18:00)

mail : info@yms.ne.jp

特徴・傾向

藤田医科大学とは

設立者である藤田啓介が大学名の由来。建学の理念である「独創一理」のもと、全ての学生が学部・学科の垣根を越えて、教員と一緒に活動している。設備が非常に充実しており、特にICT機器は群を抜いている。2018年に50周年を迎え、現在の校名に改称した。

近年の入試出題分析
英語
試験時間:90分
前半の大問4題がマーク式、後半2題が記述式という珍しい大問構成。大問が1 つ増えたが、マーク式の解答数は2 つ増えただけで分量としては大きな変化はなし。全体として2021年度後期よりも易化。文法系の問題は全体に標準レベルでしっかり得点する必要がある。記述式の長文問題は、文章内容は受験生にとって馴染みのないものが多く、その場で考える力が求められる。
数学
試験時間:100分
問題1はマークシート形式の小問集合で、問題2、3は記述式の大問である。マークが120点、記述が80点とみられる。マークで「基準点」に達しないと不合格となる。基準点は年度によって変動する。小問集合は10個程度の設問からなり、解きやすい問題が多いが、処理力で大きく差が付く。大問は本格的な出題が多い。頻出分野は数学Ⅲの微積分、場合の数と確率など。基本定理の証明などもよく出ている。
化学
試験時間:120分(理科2科目)
第1問~第5問までと、昨年度と変わらない形式。以前頻出であったグラフ描画問題は2020年度に引き続き出題されており、単純暗記だけではなく現象理解を問いたいという出題意図を感じる。第4問のアセトアルデヒド合成実験においても、単にアルコールの酸化反応を暗記しているだけでは対処できず、この実験がどのような物性を利用したものかを問う出題もなされていた。標準題をしっかりやり込み易問を落とさないようにしながら、図録などを用いて現象や実験操作などへの理解を深める学習を心がけたい。一次合格への目標は65%。
物理
試験時間:120分(理科2科目)
主に解答のみの記述式の大問が4問、数値計算やグラフ、論述の問題を数問含む。解答数は例年25程度。大問4問中2問が力学であることが多く、複数分野の融合問題も出題される。全般的に難易度は高く、受験生が見慣れない問題や計算量が多い問題を出す傾向が強い。目標点が5割程度と、他大学と比較すると低めなことが多い。
生物
試験時間:120分(理科2科目)
例年どおり、大問4題構成で、出題形式は前期・後期ともに「論述・計算・描図あり」の「記述式」である。注意すべきなのは「簡潔に記せ」という論述問題で、字数指定はないが、解答欄の大きさから考えると、1題につき20字~40字程度で答えるのが適当だろう。年度によってはこの「簡潔に記せ」が10題前後あるため、いかに手際よく処理できるかで勝負が分かれる。

※不測の事態の対応について
台風・地震など不測の事態により、やむを得ず模試を中止する場合は、英進館メビオホームページでお知らせします。

実施大学一覧

私立医学部大学別模試とは

メビオ・YMS・英進館メビオが共同開催する、日本最大の私立医学部 大学別公開模擬試験。
問題形式・配点・時間・傾向・特徴など、全てを完璧に再現した模擬試験に英進館メビオも参戦!
九州地方がより完璧に再現され昨年度よりもレベルアップした模擬試験になりました。

互いに尊敬しあってきたメビオとYMSは、医学部専門予備校として、それぞれ40年以上の歴史を持ちます。その間、医学部受験指導の経験豊かな主任・専任講師が積み重ねてきた私立医学部過去問についての詳細な分析を元に、メビオは「医学部完全再現模試」を7大学、YMSは「医大別模試」を9大学実施してきました。

今年度から英進館メビオが参戦し、大学別公開模擬試験がさらにレベルアップ!合計19大学(22回)となりました。
模試を作成した講師自らが、採点・実力判定から解答解説作成まで全てに携わります。

私立医学部はこの30年で劇的に難化しました。倍率も非常に高く、偏差値も高騰。いまや合格偏差値において早慶理工を下回る大学はほとんどない、という時代に突入しています。しかも、私立医学部は、それぞれに特徴が顕著で、大学ごとに入念な傾向の分析と対策をしておかなければ太刀打ち出来ない「クセ」のある問題が出題されます。
メビオ・YMS・英進館メビオは、分析の成果を惜しむところなく公開し、精度の高い予想問題において重要なポイントを網羅していきます。

個別相談会の開催

英進館メビオをより深くご理解いただくために、個別相談会を開催いたします。
入学をお考えの方、医学部入試を詳しく知りたい方、少しでも相談・お悩みがある方、是非お待ちしております!

個別相談会

英進館メビオ校舎にて随時開催しております。
また、外出に不安を感じる方にはオンライン会議ツールを使ってのオンライン相談会、
お電話での相談も受け付けておりますのでお気軽にお申し込みください。

お申込みはこちらから!

ご不明点ございましたらお電話にてお問い合わせください。

0120-192-215

受付時間/9:00~22:00