順天堂大学医学部模試

【全18大学】全国私立医学部模試

【2021/10/17(日)開催】
順天堂大学医学部模試

和田塾をルーツとする歴史ある医学部教育

形式
記述式マーク式
科目
英語 数学 化学 生物 物理
対象
受験生および高校2年生
※医学部志望
お申込みは終了いたしました

実施概要

試験日 10/17(日)
申込締切 10/14(木)
20時締切
料金 ¥6,600(税込)
振り込みのみの受付となります。
お申込みから1週間以内にお支払いのご案内を郵送させていただきます。
締切前後のお申込みにつきましては、お電話にて入金のご案内をさせていただく場合もございます。
詳しくはお電話にてお問い合わせくださいませ。
※英進館メビオ生・メビオ生・YMS生は無料
時間割
理科(2科目選択) 09:30~11:30
(120分)
休憩 11:30~12:30
(60分)
英語 12:30~13:50
(80分)
数学 14:05~15:15
(70分)
成績表

2021/10/31(日)発送予定

お申込みは終了いたしました
会場
大阪
メビオ校舎
・京阪、地下鉄谷町線「天満橋」駅徒歩3分
» MAPはこちら
東京
YMS校舎
・JR、大江戸線「代々木」駅徒歩2分
・小田急線「南新宿」駅徒歩2分
» MAPはこちら
福岡
英進館メビオ校舎
・福岡市地下鉄「天神」駅、「赤坂」駅徒歩3分
» MAPはこちら
小倉
英進館小倉本館 小中学部
・北九州高速鉄道「平和通」駅徒歩4分
・JR九州「小倉」駅徒歩5分
» MAPはこちら
お申込みは終了いたしました

特徴・傾向

順天堂大学医学部とは

1838年、日本橋に開かれた「和田塾」をルーツとする。歴史ある医学部教育と指導陣の面倒見の良さが評判。
そのため留年・退学率が非常に低く、国家試験合格率が非常に高い。

近年の入試出題分析
英語
試験時間:80分
長文4題+自由英作文1題という例年通りの大問構成で、長文の問題形式もほぼ変化なしであった。全体として素直な問題が多く、2020年度に比べると易化したと言える。選択肢で迷わせるようなものも少なく、文章の主題を粗くでも読み取れていれば、概ね迷わずに解答へ至ることができたであろう。順天堂大学の英語は、20行作文もあり時間的余裕がないため、速読と精読のギアを巧みに切り替えつつ、メリハリをつけて読み進めていくことが肝要である。
数学
試験時間:70分
2021年度入試はここ数年では最も易しい出題ではあるものの、問題の分量は例年通り多く、計算力勝負のような出題であった。毎年、出題形式が安定しており、大問Ⅰ・Ⅱはマークシート方式、大問Ⅲは記述式となっている。大問Ⅰは独立した小問がいくつかあり、大問Ⅱは1つのテーマに絞られていることが多い。2021年度の大問Ⅲは2019年度入試以前の出題に戻り、受験生にとってはやりにくい証明問題となった。試験時間に対して問題量が非常に多いので常日頃から素早い計算処理を心掛けることが必要である。2021年度入試の傾向が続くかはわからないので、2020年度以前のレベルも含めて考えると、入試やや難~難レベルの問題にも取り組んでおく必要がある。目標は65%
化学
試験時間:120分(理科2科目)
Ⅰはマーク式、Ⅱは記述式であり、見た目は大問2題構成となっているが、Ⅰは3つの中問に分かれており、実質大問4題構成となっている。順天堂大学の化学は計算問題の比重がとても大きく、手計算ではかなり煩雑なものも含まれるため、試験時間内にすべて解き切るのは不可能に近い。しかもⅠの第1問と第2問は理論分野の小問集合となっているために1問ごとに頭の切り替えが必要で、合格を勝ち取るためには問題の取捨選択を誤らないようにしなければならない。特に2021年度は出題ミスと思われる設問があったため、そこで時間をとっていては合格できない。2020年度に比べると難化しており、時間内に解き切るのは不可能であると思われる。全体として60%取っていれば安心だろう。
物理
試験時間:120分(理科2科目)
大問は形式上2題だが、実質は4題。問題I(第1問)はマーク式の小問集合。難易度はやや易~標準レベルであり、完答を目指したい。問題I(第2問)と問題I(第3問)はそれぞれマーク式の大問、問題IIは記述式の大問。これら3題の出題分野は「力学」「電磁気」「熱」にほぼ固定されいる。(19年度は例外で「熱」の代わりに「原子」から出題された。)3題とも「やや難」レベルであることが多いが、難関大でたびたび出題される準典型テーマがほとんどなので、難問が収録された問題集等による対策は可能。全体として、試験時間に対する分量が多いので、物理の学力に加えて、例えば21年度ではIIに時間をかけ過ぎずにIで得点を確保するといった、時間配分の判断力も求められる。
生物
試験時間:120分(理科2科目)
例年、 [Ⅰ]の3題は選択問題(マークシート式)、[Ⅱ]の1題は論述や計算中心の問題(記述式)で、実質大問4題が出題される。例年は標準レベルの問題が中心で、問題量も丁度良い分量であったが、本年は、近年の問題の難度上昇に伴い、全体的に解答しにくい問題が多かった。論述問題では、20~50字程度の字数で出題されることが多い。また、グラフや図表を使った出題も多く、その意味の把握や、比較的字数の少ない論述をいかにうまくまとめるかが得点のポイントになる。全範囲から出題されるが、細胞、遺伝、発生、恒常性、代謝、そして生態からの出題が多い。まずは満遍なく受験範囲を学習しておきたい。その後、難度の高い問題に対する対策として、教科書よりも詳しい参考書や図説で学習しておくと良い。

※不測の事態の対応について
台風・地震など不測の事態により、やむを得ず模試を中止する場合は、英進館メビオホームページでお知らせします。

お申込みは終了いたしました

ご不明点ございましたらお電話にてお問い合わせください。

0120-192-215

受付時間/9:00~22:00

実施大学一覧

私立医学部大学別模試とは

メビオ・YMS・英進館メビオが共同開催する、日本最大の私立医学部 大学別公開模擬試験。
問題形式・配点・時間・傾向・特徴など、全てを完璧に再現した模擬試験に英進館メビオも参戦!
九州地方がより完璧に再現され昨年度よりもレベルアップした模擬試験になりました。

互いに尊敬しあってきたメビオとYMSは、医学部専門予備校として、それぞれ40年以上の歴史を持ちます。その間、医学部受験指導の経験豊かな主任・専任講師が積み重ねてきた私立医学部過去問についての詳細な分析を元に、メビオは「医学部完全再現模試」を7大学、YMSは「医大別模試」を9大学実施してきました。

今年度から英進館メビオが参戦し、大学別公開模擬試験がさらにレベルアップ!合計18s大学(21回)となりました。
模試を作成した講師自らが、採点・実力判定から解答解説作成まで全てに携わります。

私立医学部はこの30年で劇的に難化しました。倍率も非常に高く、偏差値も高騰。いまや合格偏差値において早慶理工を下回る大学はほとんどない、という時代に突入しています。しかも、私立医学部は、それぞれに特徴が顕著で、大学ごとに入念な傾向の分析と対策をしておかなければ太刀打ち出来ない「クセ」のある問題が出題されます。
メビオ・YMS・英進館メビオは、分析の成果を惜しむところなく公開し、精度の高い予想問題において重要なポイントを網羅していきます。

個別相談会の開催

英進館メビオをより深くご理解いただくために、個別相談会を開催いたします。
入学をお考えの方、医学部入試を詳しく知りたい方、少しでも相談・お悩みがある方、是非お待ちしております!

個別相談会

英進館メビオ校舎にて随時開催しております。
また、外出に不安を感じる方にはオンライン会議ツールを使ってのオンライン相談会、
お電話での相談も受け付けておりますのでお気軽にお申し込みください。

お申込みはこちらから!

ご不明点ございましたらお電話にてお問い合わせください。

0120-192-215

受付時間/9:00~22:00